加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは
 加齢により網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、見ようとするところの中心が見にくくなる病気です。
最近は本邦でも食生活の欧米化や高齢化に伴って増加しており、失明原因の第4位となっています。
以前は、有効な治療法はありませんでしたが、最近ではいくつかの新治療法も開発されて、早期発見できればある程度の視力が維持できるようになってきました。
 病態として、年齢を重ねるとともに網膜の下に老廃物が蓄積して、それによって直接あるいは間接的に黄斑部(視力を感じる眼底の中心部)が障害される病気が加齢黄斑変性です。

   
    <正常眼底>  <加齢黄斑変性の眼底>

加齢黄斑変性の症状
1)変視症
 網膜の腫れや網膜の下に液体が溜まると網膜がゆがみます。ゆがんだフィルムで写すとゆがんで写るように、ゆがんだ網膜で見るとものがゆがんで見えます。ただ、黄斑部(眼底の中心部)は障害されますが、周辺部は障害されていませんので、中心部はゆがんで見えますが、周辺部は正しく見えます。
  

   
   正常の見え方     加齢黄斑変性の見え方

2)視力低下、中心暗点
 さらに黄斑部の網膜が障害されると、真ん中が見えなくなり(中心暗点)、視力が低下します。視力低下が進行すると運転免許の更新や字を読んだりすることができなくなります。通常、視力低下は徐々に進行し、治療をしなければ多くの患者さんで視力が0.1以下になります。

 
 正常の見え方   加齢黄斑変性の見え方

3)色覚異常
 症状が進んでくると色が分からなくなってきます。

加齢黄斑変性の検査
 加齢黄斑変性を正しく診断するためには、眼底検査や造影検査などの詳しい検査が必要です。
1)視力検査
 他の目の病気と同様に視力検査は重要な検査です。加齢黄斑変性では視力低下が起こります。


2)アムスラー検査
 碁盤の目のような(下図参照)図を見てもらい、格子のゆがみを調べる検査です。変視症を早くから検出することができます。簡便な検査ですので、自宅でもできます(片眼ずつ検査する必要があります)。

   チエックシート  加齢黄斑変性患者の見え方

3)眼底検査
 眼科医が網膜の状態を詳しく観察する検査です。網膜の状態が詳しく分かり、出血や新生血管が分かります。記録のために眼底カメラで眼底写真に保存することがあります。
4)造影検査
 静脈から造影剤を注入した新生血管などの状態を詳しく調べる検査です。フルオレセイン造影検査とインドシアニングリーン造影検査の2種類の検査があります。いずれの造影検査も連続して何枚もの眼底写真を撮影したり、動画で連続して撮影したりします。
5)光干渉断層計
 もともと、網膜の断面を調べる検査ですが最近の機械では網膜の断面を連続して撮ることにより、網膜やその下の新生血管などの状態を立体的に把握することができます。短時間で検査ができ、造影剤を使わないので患者さんに負担が少ない検査です。負担が少ないので頻回に検査を行うこともできます。

加齢黄斑変性の治療

基本的に、この病気は進行性ですが、その進行度や重症度には個人差があります。放っておくと失明のおそれもありますが、残念ながら、現時点で眼の状態を完全に戻す治療法はありません。治療としては、病気の進行を遅らせ、低下した視力を維持もしくは幾分でも回復させるのが目標となります。病気の進行度や重症度、また病型によって治療法はいくつかあります。大まかには、脈絡膜新生血管を成長・促進させる体内物質(VEGF※)の働きを抑え、脈絡膜新生血管の発生ならびに進展を抑える薬剤を眼内に注射する「薬物療法」、光に反応する薬剤を投与し、熱を発生させないレーザーを病変部に照射する「光線力学的療法」、脈絡膜新生血管をレーザー光で焼き固める「レーザー光凝固術」などがありますが、それぞれ適応となる病態が異なりますので、詳しくはおたずねください。
※VEGF:血管内皮増殖因子

加齢黄斑変性の予防
1)禁煙
 喫煙している人はしていない人に比べて加齢黄斑変性になる危険性が高いことが分かっています。喫煙している人には禁煙が勧められます。
2)サプリメント
 ビタミンC、ビタミンEβカロチン、亜鉛などを含んだサプリメントを飲むと加齢黄斑変性の発症が少なくなることが分かっています。加齢黄斑変性の発症が少なくなりますが、完全に抑えることはできません。加齢黄斑変性になっていない人にも勧められますが、一方の目に加齢黄斑変性が発症した人にはサプリメントの内服が強く勧められます。
3)食事
 緑黄色野菜はサプリメントと同様に加齢黄斑変性の発症を抑えると考えられています。肉中心の食事より、魚中心の食事の方がよいようです。

 緑内障治療[前田眼科](近畿)大阪府,大阪市、中央区、谷町4丁目、白内障日帰り手術、緑内障手術、レザー治療、眼科一般・・・・

白内障    緑内障  糖尿病網膜症

 TOP
 前田眼科医院長  前田秀高
 
 
 
 大阪市谷町4丁目前田眼科院内案内
 
 大阪市谷町4丁目前田眼科心がけ
 大阪市谷町4丁目前田眼科診察内容
 大阪市谷町4丁目前田眼科手術案内
 大阪市谷町4丁目前田眼科目の病気情報
 
 大阪市谷町4丁目前田眼科ホームドクター制案内
 
 大阪市谷町4丁目前田眼科外国人相談窓口
 
 大阪市谷町4丁目前田眼科パンフレット
 大阪市谷町4丁目前田眼科アクセス
 大阪市谷町4丁目前田眼科院内所在地
 大阪市休日診療